いろいろある!保育士免許を取得するための方法

大学を卒業するという方法

保育士になるための方法としては、まず始めに、保育士養成課程を設けている4年制大学を卒業するという方法があります。その単位を履修して卒業すれば、試験を受けなくてもそのまま保育士の資格を得ることが出来ます。そして大学の場合は、より高度な専門知識を身につけることが可能になるため、児童カウンセラーなどの専門性の高い仕事を目指す場合にも適していると言えるでしょう。ただし大学を卒業するという方法は、時間が掛かりますし、費用も一番高くなります。

短大や専門学校を卒業するという方法

学校を卒業する方法としては、4年制大学のほかにも、短大や専門学校を卒業するという方法があります。短大については、保育科などの学科で保育士資格の勉強ができるため、卒業すれば試験なしで資格を取得することができます。また専門学校についても、必要な課程を修了すれば、卒業と同時に資格が取得できるという仕組みになっています。4年制大学に比べると、期間が短くて費用も安く済むというメリットがあると言えますが、一方で学ぶ期間が短いため勉強が忙しくなるとも言われています。

通信教育を利用するという方法

保育士になるためには、大学等を卒業すること以外にも、「保育士試験」に合格するという方法があります。独学で試験に臨むことも可能ですが、通信教育を利用して勉強することも出来ます。通信教育は、テキストやDVDなどを使って行われるもので、自分のペースに合わせて出来るというメリットがあるため、社会人や主婦などに向いていると言えるでしょう。さらに費用についても、5万~10万円程度だと言われているため、学校で勉強する場合と比べると格安で済むと言えます。

保育園の求人情報を知りたいときには、無料の求人サイトを参考にすることです。全国各地の求人情報を見ることができるため、大変役に立ちます。