介護に対するスタンスは人によって違う!!

自分が介護をされる側である場合

介護に対するスタンスは人によって大きく異なりますから、注意です。例えば、自分が介護をされる側であれば、少しでも謙虚になることです。遠慮をすることはないですが、傲慢にはならないのが年功の徳というものです。お金がかかることですから、サービス利用者になります。それでもお客様、と言う意識は捨てるべきです。そこだけはよくよく考えて、行動しないと駄目です。介護をされるようになるのは、仕方ないです。ですが、気持ちよくされることです。快く、介護をしてもらうことが大事です。

する側としての考え方

介護はする側の考え方もあります。これは商売でやっているのか、それとも身内のことなのか、と言うのによってかなり違ってきます。それによってスタンスが違ってきます。介護の仕事は究極の個人サービスと言われています。これは一人一人細かいサービスの違いを出す必要があるからです。まさに人的なサービスな極地であるといえます。商売である以上は、正確にやり、快適な状態を作り上げる必要があります。身内のことであっても、介護される人の尊厳を守ることは意識するべきです。

今後の展望をよく考えること

どちらの場合にせよ、永遠ではないです。あくまで命には限りがあります。お互いに後悔がないようにするのが重要です。一時的には嫌になることもあります。これはされる側、する側の両方にいえることになります。しかし、最終的には別れの時がくるわけです。その時になって、あれこれすればよかったと思わないように、常に全力とはいいませんが、少しでも一生懸命に行動することです。これは両者に言えることであり、大事な行為になります。

介護の求人は高齢化社会が進んできた現代において、非常に多くの人材を必要となっており、特に若者を必要としています。